camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月07日

産休育休中、子ども二人との過ごし方どうしたらいいの?

多くの自治体では第二子出産で産休育休中は、第一子が保育園を退所することがあります。 二人の子どもと、どうやって日中過ごせばいいのか 特に元気いっぱいな上の子どもとの過ごし方 そんなママたちのお悩みにお答えします。

似たような境遇の友達を作って聞いてみよう

近くに児童館はありませんか?
児童館ではだいたい赤ちゃん向けのプログラムが用意されています。
一緒に手遊びしたり、保健婦さんが相談に乗ってくれたり。
その間上の子も周りのおもちゃや、工作で遊べます。
2〜3歳向けのクラスがあり、クリスマス会や芋掘り会を企画してくれてる児童館もあります。
そこで同じような境遇のママと友達になれるかもしれません。
プログラムを体験していると子どもの年齢・月齢がわかってくるので話しかけやすいです。
情報交換しているうちに、水遊びできる公園、子連れで行けるカフェ、公民館でのリトミック教室など知らなかった情報が得られると思います。
児童館以外でも、お友達を作れる場として子どもが通っていた保育園以外でも、月に一回程度保育園開放をしているところもあると思います。親子で訪ねて保育園のプログラムを体験できます。
図書館では読み聞かせの会もしています。対象年齢が公示してありますので、図書館で聞いてみてくださいね。
よくあるプールや音楽系の習い事の無料体験も、子どもに何が向いているのかお試し出来るチャンスです。待っている間はママにとっても出会いのチャンスです!

たまにはお休み、実家に遊びに行こう

実家が自力で行ける距離なら、預けるためでなく、子どもの顔を見せて遊びに行くのも
じいじ、ばあばには嬉しいものです。
ばあばならではの遊び、折り紙や童謡を習うのも上の子には特別な時間。
料理はちょっと甘えさせてもらって、ご飯をいただいて、自宅以外の味を子どもが知るのもいいことだと思います。
何より大変な二人のお風呂も、上の子だけでも入れさせてもらって帰ったら寝るだけ にするととても楽ですよね。
その年齢ならではのおばあちゃんの知恵や思い出を聞けるのもこの時。
時間に追われずにゆっくり孫の顔を見せられるのも育休ならでは、です。

どちらとも大事な一緒時間

下の子が生まれるまではお預かりでママとの時間が短く
下の子が生まれたら「お兄ちゃん、お姉ちゃん」になって我慢することも多い一人目。
ぜひ、お休み中は上の子を優先して一緒にいてあげたいですよね。
でも、やっぱり赤ちゃんとイヤイヤ期だったりする上の子とずっと一緒は大変!
ママがパンクする前に一時預かりを利用しましょう。
午前中だけでも保育園で遊んで上の子はすっきり
ママは下の子とのんびり、というのもいいんです。
またファミリーサポートサービスを利用して、上の子を一つ目で紹介した施設に連れて行ってもらうのもいいですね。
下の子の検診・予防接収の時にも預かってもらったりできます。
職場復帰してからも、残業時にお迎えに行ってもらうなど非常に助かりますので
育休中にファミサポに登録しておくのは非常におすすめです。

二人の子どもと一緒にいられる時間 ママにも良い時間になって充電して復帰できるといいですね!

(文・川里 富美)

著者:川里 富美

ネイリストや保険会社、広告代理店勤務などを経て産後DTPの仕事をしながら、ママ支援の活動団体「ライオンハウス」を設立。もっと多くのママに笑顔を、の思いから2013年保育やフリースペース付きネイル&リンパサロン「ハクナマタタ」をオープン。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に