おなじみメニューの”ホっ”と献立

忙しい時期こそ、ホッとするおうちごはんを。おなじみのメニューも具材を変えると気分も変わります。

週末にまとめて下準備しましょう

  • 下準備
  • 仕上げ
  • 手羽中のおでんの下準備

    骨つき肉から旨みがしみ出てスープも美味しい。きのこを入れると風味が増します。

    下準備 約60

    冷蔵保存 約4

    材料3人分(大人2 子ども1)

    • 手羽中 ‥‥ 6 本
    • 大根 ‥‥ 1/4 本
    • 卵 ‥‥ 3 個
    • こんにゃく ‥‥ 1 枚
    • マッシュルーム ‥‥ 5 個
    • 米 ‥‥ 大さじ 1
    • 合わせ調味料
    • だし汁 ‥‥ 1500 ml
    • 醤油 ‥‥ 50 ml
    • 酒 ‥‥ 大さじ 2
    • 鶏がらスープのもと ‥‥ 大さじ 1
    • 砂糖 ‥‥ 大さじ 1

    下準備の手順

    1. 大根は2cm幅に切り、厚めに皮をむき、表面に十字に切り込みを入れる。こんにゃくは三角に切り、格子状に切り込みを入れる。手羽中は骨と肉の間に切り込みを入れる。マッシュルームは表面を拭き、半分に切る。卵は7〜8分茹で、殻をむく。
    2. 大根とこんにゃくはそれぞれ耐熱容器に入れ、具材が浸るくらいの水を張りレンジで3分加熱する。(大根の容器には大さじ1の米を入れる。)
    3. 大鍋に合わせ調味料を入れ、大根、こんにゃく、手羽中、卵を入れ中火にかける。煮立ったら弱火にして30分煮込む。
    4. マッシュルームを入れ、されに5分煮込み、火を止める。
    5. 粗熱が取れたら、冷蔵庫に鍋ごと入れ保存する。

    ポイント

    大根とこんにゃくはレンジで下ゆですることで時短に。大根に米を入れるとえぐみが取れます。

  • 手羽中のおでんの仕上げ

    骨つき肉から旨みがしみ出てスープも美味しい。きのこを入れると風味が増します。

    仕上げ 約4

    仕上げの手順

    1. 下準備した手羽中のおでんの鍋を火にかけて温める。
  • 下準備
  • 仕上げ

フードコーディネーター・食育インストラクター

堀口菜緒子

大手精密機器メーカー退職後、レコールバンタン・フードコーディネーター専攻科にて学ぶ。各種メディア撮影のほか、食育教室の講師、料理レシピ提供、ケータリングなど多岐に渡り活動中。自身のワーキングマザーとしての体験から、「忙しい毎日でもおいしく簡単に」がモットー。