春の行楽弁当に使える作りおき献立

お弁当に使える特集。冷凍保存や作り置きにぴったりのメニューを集めました。

週末にまとめて下準備しましょう

  • 下準備
  • 仕上げ
  • うずら餃子の下準備

    黒ゴマで目をつけて人形風にアレンジも可愛い。

    下準備 約20

    冷蔵保存 約3

    材料3人分(大人2 子ども1)

    • 豚ひき肉 ‥‥ 100 g
    • 餃子の皮 ‥‥ 10 枚
    • キャベツ ‥‥ 2 枚
    • 長ねぎ ‥‥ 1/2 本
    • うずらの卵水煮 ‥‥ 10 個
    • 鶏がらスープの素 ‥‥ 小さじ 1
    • 片栗粉 ‥‥ 大さじ 1
    • 醤油 ‥‥ 大さじ 1
    • 塩 ‥‥ 小さじ 1/2

    下準備の手順

    1. キャベツと長ねぎをみじん切りにする。
    2. ウルにひき肉、1、鶏がらスープの素、片栗粉、醤油、塩を入れて粘りが出るまで混ぜる。
    3. 餃子の皮に2をのせ、中央にうずらの卵をのせて卵にヒダを寄せるようにして包む。
    4. 保存容器に入れ、冷蔵庫のパーシャルか、冷凍庫で保存する。

    ポイント

    あんを入れすぎないほうが包みやすい。

  • うずら餃子の仕上げ

    黒ゴマで目をつけて人形風にアレンジも可愛い。

    仕上げ 約10

    材料3人分(大人2 子ども1)

    • ごま油 ‥‥ 大さじ 1
    • 水 ‥‥ 30 ml
    • 醤油 ‥‥ 適量
    • 酢 ‥‥ 適量

    仕上げの手順

    1. フライパンにごま油を入れて中火で熱し、下準備した餃子を入れる。
    2. 焼き目がついたら水を入れ、蓋をして蒸し焼きにする。
    3. 酢醤油をつけていただく。
  • 下準備
  • 仕上げ

フードコーディネーター・食育インストラクター

堀口菜緒子

大手精密機器メーカー退職後、レコールバンタン・フードコーディネーター専攻科にて学ぶ。各種メディア撮影のほか、食育教室の講師、料理レシピ提供、ケータリングなど多岐に渡り活動中。自身のワーキングマザーとしての体験から、「忙しい毎日でもおいしく簡単に」がモットー。