第二弾:作りおきおかずの基本の基。

基本の作りおき月間。マンネリになりがちな魚は野菜と一緒に調理するとボリュームある1品に。

週末にまとめて下準備しましょう

  • 下準備
  • 仕上げ
  • 塩サバのアヒージョの下準備

    単体メニューになりがちな魚は、野菜と一緒に調理するとボリュームが出ます。

    下準備 約20

    冷蔵保存 約3

    材料3人分(大人2 子ども1)

    • 塩サバ ‥‥ 2 切れ
    • じゃがいも ‥‥ 1 個
    • しめじ ‥‥ 1/2 株
    • にんにく ‥‥ 1 片
    • オリーブオイル ‥‥ 100 ml
    • 塩 ‥‥ 小さじ 1/8
    • こしょう ‥‥ 少々

    下準備の手順

    1. 塩サバは5〜6等分にする。じゃがいもは皮をむき7mm幅のいちょう切りにする。しめじはほぐす。にんにくは薄切りにする。
    2. 鍋にオリーブオイル、1のサバ、にんにくを入れて弱火にかける。
    3. サバの表面がうっすらと色づいてきたら1のじゃがいもを加え、時々裏返しながら弱火で4〜5分オイル煮にする。
    4. しめじを加え、塩・こしょうで味を調える。

    ポイント

    オリーブオイルの半量はサラダオイルでもOK。

  • 塩サバのアヒージョの仕上げ

    単体メニューになりがちな魚は、野菜と一緒に調理するとボリュームが出ます。

    仕上げ 約4

    材料3人分(大人2 子ども1)

    • パセリ ‥‥ 適量

    仕上げの手順

    1. 下準備した塩サバのアヒージョをレンジで3〜4分温める。
    2. パセリを散らす。
  • 下準備
  • 仕上げ

フードコーディネーター・食育インストラクター

堀口菜緒子

大手精密機器メーカー退職後、レコールバンタン・フードコーディネーター専攻科にて学ぶ。各種メディア撮影のほか、食育教室の講師、料理レシピ提供、ケータリングなど多岐に渡り活動中。自身のワーキングマザーとしての体験から、「忙しい毎日でもおいしく簡単に」がモットー。