家政婦との個人契約

 

「同じ人にきてもらいたい」
「料金を安くしたい」

などといった思いから、家事代行サービスを利用せずに家政婦さんと個人契約したいとお考えの事でしょう。

 

ただ、意外な落とし穴があるので、こちらのページでは家政婦さんと個人契約する方法からメリット・デメリット、そして注意点までご紹介しています。

あなたが本当に個人契約にするべきなのか家事代行サービスでも問題ないのかの参考にしてください。

家政婦さんと個人契約する方法

家事代行サービスを介さずに家政婦さんと個人契約する代表的な方法は以下3つです。

  1. 知人や知人の紹介
  2. ポスティング
  3. マッチングサイト

     

    1つ目の『知人や知人の紹介』については特別説明は必要ないでしょう。

     

    2つ目の『ポスティング』とは、自分で(もしくは依頼して)チラシを作成してポストに投函する事です。

    ただ、「ポスティング禁止」「チラシ配布禁止」と書かれたところには入れない方が無難でしょう。

     

    そして3つ目の『マッチングサイト』というのは、家政婦を雇いたい人と家政婦として働きたい人とを結びつけるオンライン上のサービスです。

    具体的には以下のようなものがあります。

    ※ジモティーに関しては家政婦に関する専門サイトではありません

    なお、マッチングサイトについては以下記事で詳しく紹介しています。

     

    家政婦さんと個人契約する3つのメリット

    マルマークを上げる女性

     

    家政婦さんと個人契約する方法がわかったところで、メリットを再確認しましょう。

    主なメリットは以下3つです。

    • いつも同じ家政婦さん
    • 料金が安い
    • 依頼内容に融通が利く

     

    1つずつ簡単に解説します。

    いつも同じ家政婦さん

    家事代行サービス会社との契約ではなく家政婦さん個人との契約なので、もちろん毎回同じ人が作業してくれます。

     

    このメリットは「作業内容の細かい擦り合わせができるので、だんだん指示が少なくて済むようになる」のと、「ある程度の信頼関係が構築できるので安心して頼める」ことです。

     

    料金が安い

    家事代行サービス会社のマージン(手数料)が発生しないので、料金がその分安くなります。

     

    料金相場については以下の記事にて詳しく解説しています。

     

    依頼内容に融通が利く

    家事代行サービス会社だと、プランがあったり作業に縛りがあったりします。

     

    ですが、個人契約だとそのような縛りはなく、家政婦さんができる範囲のお願いが可能です。

     

    このように紹介すると良い事尽くしに見えますですが、もちろんデメリットもあるのであわせてチェックしていきましょう。

     

    家政婦さんと個人契約する3つのデメリット

    バツマークを上げる女性

     

    主なデメリットは以下3つです。

    • 雇うまでスキル(力量)がわからない
    • 家政婦さんの変更がしにくい
    • トラブル解決が困難

     

    1つずつ簡単に解説します。

    雇うまでスキル(力量)がわからない

    家事代行サービス会社スタッフの場合は、それぞれの会社で一定の基準を設けている事が多いです。

     

    ですが、個人契約する場合は家政婦さんの自己申告になります。

    サービスの質に満足できないかもしれませんし、部分的に頼めない分野がある可能性もゼロではありません。

     

    家政婦さんの変更がしにくい

    上記のようにスキルに満足できない場合や、どうしても馬が合わない場合などに家政婦さんを変更することが困難です。

     

    変更するとなると、また新しく探さなければならないので、不満はあるけど居ないと困るから雇い続けているという声もあります。

     

    トラブル解決が困難

    万が一、トラブルがあった場合に家事代行サービス業者と違い解決がむずかしいです。

     

    例えば、ちょっとした不満があっても家政婦さんに直接言わなければいけないので、言いにくくて我慢したりなどです。

     

    また、物の紛失や破損についての保証問題は特に解決がむずかしいです。

    家政婦さんによっては保険に入っていない可能性もあるので、泣き寝入りしたという声もあります。

     

    トラブルの事例や回避策などは以下の記事で詳しくまとめています。

     

    家政婦さんと個人契約する際の注意点

    これまで紹介したメリットやデメリットを理解した上で、家政婦さんと個人契約をする際に注意すべき点を2つ紹介します。

     

    雇う前にしっかり話し合い

    家政婦さんを雇う前に作業内容やスキル面などについてしっかりと話し合いましょう。

    その中でも特に損害保険の有無やトラブル時の対応については綿密に打ち合わせする必要があります。

     

    話し合いする事によってコミュニケーションも取れ、家政婦さんの人柄もある程度わかるので失敗が起こりにくいです。

     

    契約書を必ず作成する

    打ち合わせをしっかりとした上で、必ず契約書を作成しましょう。

     

    契約書の作成方法については、労働契約書・雇用契約書の書き方|文例書式ドットコムが参考になります。

    ただ、法改正や個々のケースに対応する為、弁護士や社会保険労務士などの専門家に依頼するのがおすすめです。

     

    結論:個人契約するより家事代行サービスがおすすめ!

    オッケーサインする女性

     

    家政婦さんと個人契約する方法からメリット・デメリット、そして注意点まで紹介してきました。

     

    正直メリットよりもデメリットの方が大きいです。

    特に契約時の手間やトラブル時の対応はかなりネックになるでしょう。

     

    また、家政婦さんと個人契約するメリットの1つ「いつも同じ家政婦さん」に関しては、実は家事代行サービス会社でスタッフ指名可能な場合があるので特別メリットでもありません。

     

    ちなみに家事代行/家政婦マッチングサイト「タスカジ」は比較的個人契約に近く料金も安いです。

    しかもマッチングサイトとしては珍しく損害賠償保険にも加入しています。

    タスカジは個人間契約ですので、本来であれば、損害賠償責任はタスカジさんが負う事になっています。ただし、個人で負うには高額となるケースも想定して、安心した取引を行えることを目的に、タスカジ事務局で損害賠償保険に加入しています。

     

    ▼公式サイトを見る▼

     

    その他おすすめな家事代行サービスを探してみる!

     

    家事代行サービス業者ランキング

    ダスキン メリーメイドサービス
    安心!大手の家事代行サービス
    ・対応サービス:料理,掃除,洗濯,買い物,その他
    ・対応エリア:全国(一部除く)
    ・スポット利用可能
    ・保証有り
    清掃業務を中心に、外食産業なども展開している「株式会社ダスキン」が運営している「ダスキン メリーメイドサービス」
    サービスの質はもちろんスタッフの対応がとても良かったとの声が多くみられます。

     

    CaSy(カジー)
    コスパ最強!リーズナブルな家事代行サービス
    ・対応サービス:料理,掃除,洗濯,買い物,その他
    ・対応エリア:東北,関東,中部,近畿の一部
    ・スポット利用可能
    ・保証有り
    家事代行以外にもオフィス・店舗・ビル清掃やWEBサービスの開発及び運営をしている「株式会社CaSy」が運営している「CaSy(カジー)」
    料金がリーズナブルで、丁寧に一生懸命作業してくれたとの声がみられます。

     

    キャットハンド
    総合的に◎対応エリア内ならおすすめ!
    ・対応サービス:料理,掃除,洗濯,買い物,その他
    ・対応エリア:関東の一部
    ・スポット利用可能
    ・保証有り
    人材派遣事業やセールスプロモーション事業などを展開している会社が運営している「キャットハンド」
    総合的に高評価でコストパフォーマンスが良いという声がみられます。
    ただ、対応エリアが狭いのが唯一の難点です。